第46回 宮崎県ジュニアテニストーナメント 男子結果

テニス

投稿:2015.08.29

tokumaru15-08-21388

総体が終わり新チームの始動となった宮崎県ジュニアテニストーナメント男子は1年生の徳丸凌大(宮崎大宮)が小泉亮太(宮崎日大)に8-5で勝利し優勝した。またダブルスでは小泉・畑中(宮崎日大)組が予選からあぶなげない戦いで勝利を重ね優勝した。

第46回 宮崎県ジュニアテニストーナメント

【日程】平成27年8月19日(水)~21日(金)
【会場】生目の杜運動公園・KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園

結果

 男子シングルス / 男子ダブルス / ベスト8

シングルス

 注目のシングルスは昨年からの宮崎日大の主力小泉・畑中と児玉、1年生ながら勢いのあるテニスで勝ち上がった徳丸がベスト4に進出。
小泉が児玉に6-1で勝利し決勝に進出したが、徳丸と畑中の試合はあれた展開に。両者ミスが多い中、終盤崩れていく畑中に対して徳丸は1年生らしいおもいっきりの良いテニスで7-5で勝利した。
決勝も徳丸の勢いが止まらず、小泉もうまく徳丸の勢いをかわそうとするが、大事なポイントでの徳丸の集中力が上回り徳丸が8-5で勝利した。3年生が抜け来季に向けてよいスタートを切りたかった小泉、畑中の2人。総体本戦では団体は精神面のもろさを見せて敗退したものの、個人戦では自分らしさの見えたテニスを強敵相手に見せていただけに、ここでの敗戦は残念。相手や環境に影響され、自分のテニスがなかなか見えてこない。選抜に向けての課題はメンタル面の強化となるだろう。優勝した徳丸はテニスを楽しむようなプレーが目立った。チャレンジャーとして挑んだ今大会、そのままの気持ちでこれからも頑張ってもらいたい。

準々決勝


小泉亮太(宮崎日大)6-0 小八重竜聖(佐土原)
児玉知樹(宮崎日大)6-4 稲田康太郎(延岡ロイヤル)
徳丸凌大(宮崎大宮)7(2)6 豊國想太(都城泉ヶ丘)
畑中勇輝(宮崎日大)6-1 中野楓也(佐土原)

 

準決勝


小泉亮太(宮崎日大)6-1 児玉知樹(宮崎日大)
徳丸凌大(宮崎大宮)7-5 畑中勇輝(宮崎日大)

決勝


徳丸凌大(宮崎大宮)8-5 小泉亮太(宮崎日大)

 

結果

tokumaru15-08-21837

優 勝 徳丸凌大(宮崎大宮)
準優勝 小泉亮太(宮崎日大)
3 位  児玉知樹(宮崎日大)・畑中勇輝(宮崎日大)

ダブルス

 シングルスの敗戦のあとなかなか上がらない気持ちを、試合を重ねるごとに切り替えに成功した小泉・畑中組が児玉・福永の日大対決を制して優勝した。アグレッシブな児玉・福永のプレーも目立つ中、小泉・畑中組は経験の差でつけ入る隙をみせずに優勝した。ベスト4進出の宮崎西、竹之内・黒木、佐土原の小八重・清武はまだまだ発展途上のペアで、これからの練習次第では。そんな期待ができるようなプレーもみられた。

準々決勝

小泉・畑中(宮崎日大)6-2 鄧・宮地(宮崎第一)
小八重・清武(佐土原)6-3 豊國・平岡(都城泉ヶ丘)
竹之内・黒木(宮崎西)7(3)6 中西・井之上(都城農業)
児玉・福永(宮崎日大)6-3 濱田・魚住(宮崎日大)

 

準決勝

小泉・畑中(宮崎日大)6-1 小八重・清武(佐土原)
児玉・福永(宮崎日大)7-5 竹之内・黒木(宮崎西)

 

決勝


小泉・畑中(宮崎日大)8-2 児玉・福永(宮崎日大)

 

結果

koizumihatanaka15-08-21168
優 勝 小泉・畑中(宮崎日大)
準優勝 児玉・福永(宮崎日大)
3 位  小八重・清武(佐土原)、竹之内・黒木(宮崎西)



 

 

Copyright (C) 〜2014 パワスポ All Rights Reserved.