2016 情熱疾走 中国総体 テニス競技 女子


投稿:2016.09.22

  miyazakic2016-08-02008

平成28年度 全国高等学校総合体育大会 テニス競技
2016 情熱疾走 中国総体

会場:松江市営庭球場
日時:2016年8月1日~8日

高校総体テニス競技女子団体、宮崎商業は1回戦で湘南工大付(神奈川)と対戦、ダブルスで東・戸高が接戦を制し先に1勝を挙げたが、シングルス1の浅見が序盤からリードから雨による中断から一気に流れを失いシングルス2の井本が競り負けると、浅見も7-9で敗れ残念ながら1回戦で姿を消した。
シングルスには期待の1年生坂本(宮崎日大)が登場も、高校総体独特の雰囲気にのまれたようなミスの多いテニスで川岸菜七(法政二・神奈川)に1-8で敗れた。また浅見も粘りのテニスで頑張りをみせたが、日暮春香(東洋大牛久・茨城)に7-9で競り負けた。ダブルスは東・浅見組が1回戦で地元の大和・平林(開星・島根)をタイブレイクで勝利し2回戦に進出も清水・黒須(山村学園・埼玉)に1-8で敗れた。

団体戦

 

1回戦 8/2

sotaiws2016-08-06019

宮崎商業 1-2 湘南工大付(神奈川)○

 

 ○東・戸高 8-6 染谷・木下
  浅見   7-9   小林 ○
  井本   6-8   毛塚 ○

関東の強豪相手に粘りのテニスをみせた宮崎商業だったが競り合いに弱く今年も日本一の夢を達成することが出来なかった。ここまでの戦いの中で多くの試練を乗り越えたどり着いた全国の舞台、子供たち一人一人は努力を重ねレベルアップをはかってきたが、ここ一番での粘りや執念のようなものは、昔とは違う、そんな風に感じてしまった。

高校テニスが少しずつ進化し、世界を目指して戦う選手が少しずつ増える中、宮崎でどう戦い強化するかをやはり考えなければいけないかもしれない。自分たちよりも強い選手と戦う機会をもっともっと増やしていかないと、完全に流れに取り残されてしまうような気がする。

シングルス

sotaiws2016-08-06011

1回戦 8/6

sotaiws2016-08-06002 sotaiws2016-08-06003 sotaiws2016-08-06006

坂本 陽菜(宮崎日大) 1-8 川岸 菜七(法政二・神奈川)○

sotaiws2016-08-06012 sotaiws2016-08-06015 sotaiws2016-08-06018

浅見 麻帆(宮崎商業) 2-8 日暮 春香(東洋大牛久・茨城)○

相手が強かったとはいえ坂本のテニスは完全に普段のものとは違い、何もできずに敗退、そんな試合となってしまった。ただ終了後の口惜しさを感じさせた表情を見る限り次への大きなきっかけになればとも思えた。また浅見はいつものように左右に振り回されながら必死に頑張った結果の敗戦となった。たくさんの壁に返されてきた小さな体で、全国の舞台へ。今大会でも乗り越えることが出来なかったが、負けても負けても頑張る姿を見てきただけに、次のステップに活かしてもっともっと成長してもらいたい。

 

ダブルス

1回戦 8/5

○ 浅見・東(宮崎商業) 9-8 大和・平林(開星・島根)

2回戦 8/5

浅見・東(宮崎商業) 1-8 清水・黒須(山村学園・埼玉)○

 

Copyright (C) 〜2014 パワスポ All Rights Reserved.