第97回 全国高等学校サッカー選手権大会宮崎県大会


投稿:2018.11.08

 sensyusc2018-3

第97回 全国高等学校サッカー選手権大会宮崎県大会

日程:平成30年10月6日(土)・8日(月)・13日(土)・20日(土)・27日(土)・11月4日(日)
会場:KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園サッカー場ほか

 夏の総体ではベスト8に進出し、冬の選手権制覇を目指す日章学園と宮崎日大との決勝は前半16分小野のゴールで先制した日章学園が39分にもエース河原のゴールで追加点を奪い、後半宮崎日大に1点を返されたが、その後は鈴木の2ゴールなど4点を追加。6-1の圧勝で全国大会への切符を手にした。

 sensyusc2018-33

結果

優 勝 日章学園
準優勝 宮崎日大
第3位 延岡学園・日南学園

決勝

sensyusc2018-2

sensyusc2018-9

sensyusc2018-10

sensyusc2018-23

sensyusc2018-28

sensyusc2018-30

 

日章学園 6-1 宮崎日大

エース三島が故障のためスタメンから外れる中でも、前線に人数をかけた宮崎日大がペースを握る形で試合はスタートも、前半16分カウンターからゴール前で河原のパスを受けた小野がしっかりと決め日章学園が先制。
前半39分には小野のパスを受けた河原がミドルシュートを決め追加点を奪った。

後半から宮崎日大は三島を投入。試合の流れは変わり後半9分川元のスルーパスに反応した松田が決め宮崎日大が1点を返した。日章学園は後半13分小野のシュートのこぼれ球を長友が決め1点を奪うと、その後はこの試合前線で体を張ったプレーが目立っていた鈴木が連続ゴールを決め試合を決めた。後半36分には交代でピッチに入ったばかりの南のシュートで6-1とした日章学園に対し、終了間際に宮崎日大もPKのチャンスを得たが三島のシュートは日章学園GK小原にはじき出され、試合はそのまま終了。

 

準決勝

日章学園 4-0 延岡学園
宮崎日大 3-0 日南学園

準々決勝

日章学園 11-0 妻・(新)妻
延岡学園 2-1 鵬翔
宮崎工業 0-1 日南学園
宮崎日大 2-1 都城工業

3回戦

日章学園 17-0 高鍋農業
妻・(新)妻 2-1 宮崎南
延岡学園 5-0 都城泉ヶ丘
宮崎北 0-6 鵬翔
都城 2-3 宮崎工業
日向 0-2 日南学園
都城工業 3-2 日向工業
延岡 0-11 宮崎日大

2回戦

日章学園 13-0 小林
門川 0-4 高鍋農業
妻・(新)妻 1-0 宮崎西
佐土原 0-3 宮崎南
延岡学園 16-0 高千穂
都城農業 1-2 都城泉ヶ丘
宮崎北 2-1 高鍋
小林秀峰 0-3 鵬翔
都城 3-2 宮崎第一
宮崎工業 5-2 日南振徳
日向 7-0 都城高専
都城西 0-3 日南学園
都城工業 20-0 聖心ウルスラ
飯野 0-9 日向工業
延岡 3-0 宮崎農業
福島 0-14 宮崎日大

1回戦

門川 3-1 都農・西都商業
高鍋農業 12-1 高城
宮崎北 5-2 延岡星雲
宮崎大宮 1-2 高鍋
延岡工業 1-3 宮崎工業
日南振徳 4-2 延岡商業
富島 0-8 延岡
本庄 0-3 宮崎農業

 

Copyright (C) 〜2014 パワスポ All Rights Reserved.