競馬”G1″予想 ? 2014 -『ヴィクトリアマイル』

その他

投稿:2014.05.16

keiba-main2

『ヴィクトリアマイル』

パワナビ松田の予想

◎メイショウマンボ
○デニムアンドルビー
▲ホエールキャプチャ
△エクセラントカーヴ
☆ウリウリ

 やはり東京コースということから、オークスを制したメイショウマンボの末脚に期待する。前走の産経大阪杯は久々かつ、キズナを含む牡馬との混合ということで7着と破れはしたが、ひと叩きされビシッとしての牝馬戦であれば、G1レース三勝の実績が光る。
 対抗はドバイでは実力を発揮することができなかったが、ジャパンカップ2着の実績は伊達ではない。メイショウマンボ同様、東京コースで国内牝馬戦であれば大いに期待できる。
 ホエールキャプチャは、よほどこのレースとは相性がいいのだろう。今年に入って調子もよさそうだし、3年連続連対もありえる。
 エクセラントカーヴ、ウリウリまで抑える。

 

パワスポ黒田の予想

◎ストレイトガール
○ホエールキャプチャ
▲スマートレイヤー
△ヴィルシーナ
☆キャトルフィーユ

 今週は本当に難解……。
 血統をみるとディープ産駒が7頭。母系もそれぞれなかなかの良血。競争成績はそこそこで多くが近走好成績でのぼり馬的な部分がある。ただし東京の 1600mには未知数な部分が多くみんな似たように感じてしまう。ちなみにあとはダイワメジャー産駒2頭、クロフネ産駒2頭。条件を駆け上がってきたダイワ産駒よりもこのコースこの距離に実績を持つクロフネ産駒のほうが狙いやすい。
 過去の好成績から考えてもホエールキャプチャは狙いたい一頭。ただ本命となると若干弱さを感じる。1番人気になりそうなメイショウマンボだがこの馬1600mの馬なのか?たぶん違うと思う。あと武幸四郎が東京の1600m得意な のか?それも違うと思う。ということで今回はスルー…。
 では本命は?血統って流行がある。ある種牡馬の馬が突然走り出すことがあってリーディングの上位に躍り出たりする。そういう意味ではストレイトガールの父フジキセキはまさにそんな感じの種牡馬。ここにきて残り少ない子供たちが激走。そんな気がするの で本命に。母父のタイキシャトルもなんとなく好印象。
 ディープ産駒の中では底を見せていないスノースタイルがねらい目。前走の末脚も豪快。母父ホワイトマズルは激走タイプ。一発勝負が本当に似合う。
 最近パッとしないヴィルシーナ、ただ56kgで走らないような気が。もう一回だけ信じてみて抑えに。もちろん 走らなければ繁殖だろうな。
 あとは勝ちきれないがなかなかの馬キャトルフィーユまでで勝負。

Copyright (C) 〜2014 パワスポ All Rights Reserved.