第46回 宮崎県ジュニアテニストーナメント 男子結果

テニス

投稿:2015.08.29

tokumaru15-08-21388

総体が終わり新チームの始動となった宮崎県ジュニアテニストーナメント男子は1年生の徳丸凌大(宮崎大宮)が小泉亮太(宮崎日大)に8-5で勝利し優勝した。またダブルスでは小泉・畑中(宮崎日大)組が予選からあぶなげない戦いで勝利を重ね優勝した。

第46回 宮崎県ジュニアテニストーナメント

【日程】平成27年8月19日(水)~21日(金)
【会場】生目の杜運動公園・KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園

結果

 男子シングルス / 男子ダブルス / ベスト8

(さらに…)

第46回 宮崎県ジュニアテニストーナメント 女子結果

テニス

投稿:2015.08.29

morooka15-08-21490

 

宮崎県ジュニアテニストーナメント女子シングルスは安定したストロークで師岡未来(宮崎商業)が白谷美佳(KTC)勝利し優勝した。ダブルスは井本・齊藤(宮崎商業)が宮崎商業対決を制し優勝。選抜に向けて新チームが始動。秋に向けて戦いは続く。

第46回 宮崎県ジュニアテニストーナメント

【日程】平成27年8月19日(水)~21日(金)
【会場】生目の杜運動公園・KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園

 結果

女子シングルス / 女子ダブルス / ベスト8

(さらに…)

第13回 ピンクリボンレディーステニス大会 宮崎県予選

テニス

投稿:2015.08.29

f115-07-16473

全国大会を出場を目指して暑い戦いが行われたピンクリボンレディーステニス大会宮崎予選会、一般の部は 真田伸子・小牧 礼組が 湯地真里・四元睦美組との大接戦を制し優勝、50歳以上の部では溝口由美子・岩瀬久美子組が福島まり子・高橋貴子組をやぶり優勝した。暑さの中、楽しみながら、カラフルなウェアに身を包みながらの大会となった。また乳がん撲滅をスローガンにしたこの「ピンクリボンレディーステニス大会」乳がんの検診やTシャツやグッズの販売も行われた。優勝した2組のチームが秋に行われる全国大会に出場する。

第13回 ピンクリボンレディーステニス大会 宮崎県予選

【日程】平成27年7月16日(木)
【会場】生目の杜運動公園テニスコート

HP:http://www.jltf.org/pinkribbon/

(さらに…)

全日本ジュニアテニス選手権’15 結果

テニス

投稿:2015.08.29

 haruna15-08-28002

ジュニア各世代のNO.1を決める全日本ジュニアテニス選手権が大阪の靭テニスセンター・江坂テニスセンターで行われた。宮崎からは16歳以下女子シングルス、坂本陽菜(シーガイアJr)と14歳以下男子ダブルスの末吉鼓太朗・本田嵩稀(シーガイアJr)が九州ジュニアを勝ち抜き出場した。末吉・本田組は1回戦で北海道の清水裕貴・鎌田大夢(ウイング・SFC)のこの世代では完成度のプレーの前にあまり自分たちのプレーを発揮することが出来ずに敗退。坂本は1回戦、粘る相手に途中足のトラブルもあり苦戦するものの何とか乗り切り勝利すると、2回戦は快勝でベスト16入りしたが、3回戦では関東の荒川晴菜(吉田記念テニス研修センター)に1-6、1-6と本来のプレーをさせてもらえず敗退した。

全日本ジュニアテニス選手権’15 結果

【日程】平成27年8月8日(土)~17日(月)
【会場】靭テニスセンター(大阪市)・江坂テニスセンター(吹田市)

  (さらに…)

全日本テニス選手権 宮崎県予選大会2015 男子

テニス

投稿:2015.05.28

170A4342

全日本テニス選手権宮崎予選男子は関西大学の染矢和隆が決勝で籾木一亨を2-0で下し優勝し西日本大会への出場権を手にした。準決勝までのトーナメントをミスの少ないテニスであぶなげなく勝ち上がり、準決勝は前日激闘の末勝ち上がったベテランの本田充生が棄権、決勝では序盤籾木の粘りに苦戦するものの終盤逆転し第1セットを奪うと、第2セットに入るとギアを挙げ一気にポイントを重ね勝利した。大学のトップクラスにまで成長し、試合後にはジュニアの練習に参加する姿も見られた。国体をはじめ今後の活躍に期待ができる内容の大会となった。

f-someya15-05-05-0350

全日本テニス選手権 宮崎県予選大会2015
兼 国民体育大会代表選手選考会

日時:平成27年5月3日(日・祝)~5日(火・祝)
会場:KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園

 

 

(さらに…)

全日本テニス選手権 宮崎県予選大会2015 女子

テニス

投稿:2015.05.25

f-sakamoto15-05-03-0082

テニスの日本1を決める全日本テニス選手権の宮崎予選が5月3日(日・祝)~5日(火・祝)の日程でKIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園テニス場で行われた。女子の部は中学3年生の坂本陽菜(シーガイア) が6-2 6-3のストレートで 竹之内咲紀(宮崎日大)に勝利し優勝した。坂本は2次予選となる西日本大会に出場する。

170A5810

170A5812

全日本テニス選手権 宮崎県予選大会2015
兼 国民体育大会代表選手選考会

日時:平成27年5月3日(日・祝)~5日(火・祝)
会場:KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園

 

(さらに…)

第42回 九州ジュニアテニス選手権宮崎県予選 男子

テニス

投稿:2015.04.30

18-koizumi15-04-05-0150

第42回 九州ジュニアテニス選手権宮崎県予選 男子
(兼 全日本ジュニアテニス選手権九州地区予選大会県予選)

日時:平成27年4月4日(土)-5日(日)
会場:生目の杜運動公園テニスコート、KIRISHIMAヤマザクラ宮座県総合運動公園テニスコート

 

夏の全日本ジュニア出場を目指して行われた九州ジュニア選手権宮崎予選、男子シングルスは江内谷駿平(u-12)末吉鼓太朗(u-14)畑中勇輝(u-16)小泉亮太(u-18)が優勝。2位までの選手と昨年の宮崎・個人の成績による数名の選手が九州ジュニア選手権本戦に出場する

(さらに…)

第42回 九州ジュニアテニス選手権宮崎県予選 女子

テニス

投稿:2015.04.15

16w-haruna15-04-05-0044

夏の全日本ジュニア出場を目指して行われた九州ジュニア選手権宮崎予選、女子シングルスは歌津穂乃香(u-12)郡芽菜(u-14)坂本陽菜(u-16)竹之内咲紀(u-18)が優勝。2位までの選手と昨年の宮崎・個人の成績による数名の選手が九州ジュニア選手権本戦に出場する。

第42回 九州ジュニアテニス選手権宮崎県予選 女子
(兼 全日本ジュニアテニス選手権九州地区予選大会県予選)

日時:平成27年4月4日(土)-5日(日)
会場:生目の杜運動公園テニスコート、KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園テニスコート

(さらに…)

第37回 全国選抜高校テニス

テニス

投稿:2015.03.30

senb-se15-03-22-0043

 全国選抜高校テニス、宮崎から唯一の出場校となった女子の宮崎商業は1,2回戦を順当に勝ち上がったが3回戦の相生学院戦では力の差を感じる内容で0-3で敗れ、悲願の日本一の達成は今年もならなかった。主力の多くが抜け1年生が中心となった新チーム、試合経験の少なさが上位進出したチームとの大きな差となった。また有力校の多くはトレーナーを帯同したり、万全の態勢で試合に挑む姿が見られた。テニスクラブ中心のチームが増える中、部活として戦う宮崎商業にとって、戦う環境づくりが必要なのかもしれない。そのためには、県を中心に宮崎のテニス強化をもう一度考え直す必要があると思う。また上位進出校の主力がほとんど一般の大会を経験し強化をはかっている。県外の高いレベルでの戦いを経験することの必要性を感じ、部活としての大切な部分を守りつつ夏に向けて日本一を目指してもらいたい。

日程:平成27年3月21日(土)~27日(火)
会場:博多の森テニス競技場

(さらに…)

第28回 宮日杯ジュニア選手権

テニス

投稿:2015.03.20

 miyanichi15-03-31-0004

今年最初の大会となった宮日杯、女子は竹之内咲紀が粘るジュニアの坂本陽菜を振り切り8-6で勝利し優勝。昨年から高校、ジュニアのカテゴリーで上位を争っていた宮崎商業、高橋、三小田、日大の井本が抜けやはりここでは力の差を感じる内容で勝利した。経験という意味で3人との戦いの中、多くの経験を得たのがここにきて大きな差に。準優勝の坂本はフィジカルの成長が感じられスケールの大きなテニスを見せてくれた。状態が万全でなかったのが残念。ベスト4には宮崎商業の東、浅見が入った。男子は本田貴大が畑中勇輝に勝利し新人戦からの連勝を果たした。宮崎日大勢がベスト4に進出、佐土原勢も力をつけてきているがやはり日大勢が競りながら力をつけている感じがした。選抜に出れていないのが不思議なぐらいのメンバーだが、夏に向けてのレギュラー争いも楽しみになってきた。

 IMG_3263

日時:平成27年1月24日(土)~25日(日)
会場:生目の杜運動公園・KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園

(さらに…)

Copyright (C) 〜2014 パワスポ All Rights Reserved.