第71回 南九州四県対抗バスケットボール選手権大会 女子


投稿:2017.05.15

MINAMM-KOW2017.04.30055

 

高校総体を前に新チームとして初めての県外大会となった南九州四県対抗バスケットボール選手権大会、 Aパート女子の部は予選リーグから決勝リーグ1対戦目まで全勝で勝ち上がった小林と延岡学園が最終戦で優勝をかけて対戦。連戦の疲れから主力を温存した延岡学園が1Pではリードを奪ったものの、2Pから落ち着きを取り戻した小林が逆転しリードを広げ87-49で勝利した。Bパートの日章学園は2勝1敗で2位に入った。

第71回 南九州四県対抗バスケットボール選手権大会 女子

期日:平成29年4月29日(土)~30日(日)
会場:大分県立総合体育館、大分商業高校体育館

Aリーグ

予選リーグB

 

延岡学園 84-36 大分商業
延岡学園 84-71 鹿児島女子
鹿児島女子 81-78 大分商業

予選リーグC

 

小林 91-39 藤蔭
小林 82-70 国府
国府 96-59 藤蔭

決勝リーグ(1位リーグ)

 

延岡学園 73-62 中津北
小林 90-51 中津北
小林 87-49 延岡学園

今大会は延岡学園、小林ともに控えのメンバーを中心に経験を積ませるような試合となった。延岡学園は総体を前に実質デビュー戦となった延岡学園新留学生のファーロンの存在が目立った。長身を生かしたインサイドはまだまだ粗削りなものの今後の成長が期待される内容だった。激しいプレ―で小林のディフェンスを混乱させた満井、松村の活躍も目立ち控え組のレベルアップも感じた。これに対して小林は飯隈を中心としたハードワークがどこまで延岡学園のスタートの5人を消耗させるかが鍵となる。新入学の1年生の動きも良く、故障から復帰の上級生の動きも良かった。いよいよ全国への切符をかけた戦いが始まる。

Bリーグ

日章学園 69-49 鹿児島純心女子
日章学園 77-54 中津南
日章学園 39-65 熊本商業
熊本商業 79-54 中津南
熊本商業 96-50 鹿児島純心女子
鹿児島純心女子 101-68 中津南

 

 

Copyright (C) 〜2014 パワスポ All Rights Reserved.