球春みやざきベースボールゲームズ初日


投稿:2015.02.25

sh_15-02-24_008

いよいよ宮崎春季キャンプも大詰めに!今日からは実戦の場となる球春みやざきベースボールゲームズが行われた。宮崎市でキャンプを張る福岡ソフトバンクホークスとオリックス・バファローズ、日南市南郷でキャンプを張る埼玉西武ライオンズに千葉ロッテマリーンズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、韓国プロ野球の斗山ベアーズの6チームが宮崎市内3球場で試合を行った。

「2015球春みやざきベースボールゲームズ」

主催:球春みやざきベースボールゲームズ実行委員会
構成:宮崎県、宮崎市、日南市、西都市、日向市、串間市、
(公財)みやざき観光コンベンション協会、(公社)宮崎市観光協会、
(一社)日南市観光協会、スポーツ&カルチャーランド串間推進協議会
期間:平成27年2月24日(火)~26日(木)
参加チーム 福岡ソフトバンクホークス、オリックス・バファローズ、千葉ロッテマリーンズ、
埼玉西武ライオンズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、斗山ベアーズ(韓国)
開催球場:アイビースタジアム(宮崎市生目の杜運動公園)
SOKKENスタジアム(宮崎市清武総合運動公園)
KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園)
入場料:全試合無料

 

 オリックス・バファローズ vs 斗山ベアーズ(韓国)

bs_15-02-24_020


斗   山 100 203 101 8
オリックス 030 020 000 5

【投手】
斗山:ジャン・ウォンジュン(2回)-ユ・ヒグァン(4回)-ジャン・ミンイク(1回)-キム・カンユル(1回)-ハム・トクジュ(1回)
オリックス:ディクソン(3回)-山崎(3回)-岸田(1回)-佐藤達(1回)-平野佳(1回)
【本塁打】
斗山:キム・ジェホ、キム・ジェファン
【球場】SOKKENスタジアム
【観客数】1700人

bs_15-02-24_009

 

db_15-02-24_001

オリックス先発は昨年9勝を挙げたディクソン、立ち上がりに味方エラーでランナーを出すと、キム・ヒョンスのレフト前タイムリーで先制点を許した。

bs_15-02-24_005

bs_15-02-24_006

bs_15-02-24_007

bs_15-02-24_008

2回裏オリックスは中島の投手強襲のヒットなどで満塁のチャンスをつかむと、カラバイヨの押し出しで同点、伊藤のタイムリーで逆転、駿太の犠飛で1点を追加した。

bs_15-02-24_011

db_15-02-24_002

db_15-02-24_003

bs_15-02-24_013 bs_15-02-24_015

斗山も4回表、この回から登板のオリックスドラフト1位ルーキー山崎福からキム・ジェホの2ランで同点に追いつくと、オリックスも5回裏坂口のタイムリー3塁打、若月のタイムリーで2点を奪い勝ち越す。

db_15-02-24_004

bs_15-02-24_022

bs_15-02-24_021

6回表斗山はキム・ジェファンの3点本塁打で逆転すると、7回表には犠牲フライで1点、9回表にもオリックス平野のワイルドピッチで1点を追加し8-5で勝利した。

 

福岡ソフトバンクホークス vs 千葉ロッテマリーンズ

 shm_15-02-24_007

千葉ロッテ    010 000 100 2
福岡ソフトバンク 010 000 000 1

【投手】
千葉ロッテ:黒沢(5回)-イ・デウン(1回)-カルロス・ロサ(1回)-大谷(1回)-香月良(1回)
福岡ソフトバンク:武田(4回)-山田(3回)-バリオス(1回)-金(1回)
【本塁打】 なし
【球場】アイビースタジアム
【観客数】7000人

 shm_15-02-24_001

今春のキャンプを象徴するような、平日にも関わらずたくさんのファンの集まったアイビースタジアムで行われた球春ベースボールゲームズ初戦は福岡ソフトバンンクホークスVS千葉ロッテマリーンズの試合、地元の大きな声援をバックに宮崎出身の武田投手が先発のマウンドに立った。

shm_15-02-24_002

shm_15-02-24_003

ロッテ先発は黒沢投手、両先発が1回を無失点で抑え、むかえた2回表ロッテは大松のライト前のタイムリーで1点を先制した。

shm_15-02-24_004

shm_15-02-24_005

その裏、ソフトバンクもイ・デホのタイムリーで内川がホームインし同点に追いついた。

shm_15-02-24_006

shm_15-02-24_008

shm_15-02-24_009

5回裏にはソフトバンクは2番手山田が登板、7回表に萩野貴のライト前のタイムリーで勝ち越しをゆるす。

 shm_15-02-24_010

shm_15-02-24_011

shm_15-02-24_012

ロッテは6回イ・デウン、7回カルロス、8回大谷、9回香月と継投でソフトバンク打線を抑え2-1で勝利した。

 

埼玉西武ライオンズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス

le2_15-02-24_001

 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われた東北楽天と埼玉西武戦、春季キャンプシーズン最後を飾る球春みやざきベースボールゲームズ初戦はたくさんのファンが集まる中、試合が始まった。両チーム投手陣の好投で試合はしまった内容になった。

東北楽天 000 000 100 1
埼玉西武 000 000 201 3

【投手】
東北楽天:戸村(4回)-菊池(4回)-松井裕(1回)
埼玉西武:郭(3回)-武隈(2回)-バスケス(3回)-宮田(1回)
【本塁打】 
埼玉西武:脇谷、金子侑
【球場】KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎
【観客数】3000人

le_15-02-24_001

le_15-02-24_002

試合前には両チーム監督に県産品の贈呈と始球式が行われた。

le_15-02-24_003

西武先発は新戦力の郭、速球を武器に3回無失点と好投した。

 le_15-02-24_004

楽天先発戸村も4回無失点と好投、両投手の投げ合いで試合は中盤に進む。

 le_15-02-24_006

西武は4回から昨年セットアッパーで活躍の武隈が登板。楽天打線を2回無失点で抑える。

 le_15-02-24_007

試合が動いたのは7回表、楽天は代打銀次のレフト前タイムリーで先制点を奪う。

le_15-02-24_008

le_15-02-24_009

その裏西武は脇谷の本塁打で同点に追いつくと、金子侑の本塁打で勝ち越した。

le_15-02-24_010

le_15-02-24_011

試合は特別ルールで9回裏まで行われ、楽天注目の松井裕が登板も梅田のタイムリーで1点を奪われた。

 

★明日の試合予定

2月 25日(水)13:00試合開始

福岡ソフトバンクホークス-斗山ベアーズ
球場:アイビースタジアム

埼玉西武ライオンズ-千葉ロッテマリーンズ
球場:SOKKENスタジアム

オリックス・バファローズ-東北楽天ゴールデンイーグルス
球場:KIRISHIMA サンマリンスタジアム

Copyright (C) 〜2014 パワスポ All Rights Reserved.