ステンドグラスアーティスト『hana.』


投稿:2013.08.04
【阿蘇エリア】 【ショップ】 【インテリア・雑貨】 【体験】

そこに在るだけで空間そのものが優しく彩られるステンドグラスアート。材料にこだわり、全ての工程を手作業で完成させる、アーティスト『hana.』さんの作品が放つ独特の存在感の秘密にせまる!

 hana・イメージ

 今回は、阿蘇市、竹田市、高千穂町といった中九州屈指の観光地をドライブする時の要となる国道57号線「笹倉交差点」のすぐそばにある、ステンドグラス雑貨を創るアーティスト『hana.』さんのアトリエにおじゃましました。
 色ガラスや柄入りガラス、アンティークガラスだけでなく、レースやチャームを駆使し、すべての行程を手作業で創りあげる作品からは、アクセサリーや小物、さらに豪華な照明類にいたるまで、在感のある「オーラ」をまとっているように感じられます。

hana・作品イメージhana・作品イメージ

『ステンドグラス』と聞いて、色ガラスが多様に組み合わせられたチャペルなどにある大判のインテリアガラスを想像する方も多いかもしれませんが、ここでご紹介するhana.さんのステンドグラスアートは、どれも日常生活に溶けこみつつ、優しく彩りを添えてくれるような作品ばかり。
 レポートでは、アトリエに飾られた作品の数々や作業風景を紹介すると同時に、コンセプトやスタイルをうかがい、インタビューとして掲載しておりますのでぜひ最後までごらんください。
(レポート:中本望美/モデル:Yuka Iemura)

hana.

住所:熊本県阿蘇市波野大字小地野1066-2
電話:0967-24-2393
営業時間/店休日:不定休
※レッスンなどで不在することがあるため、一度お問い合わせ下さい。
駐車場:2台(アトリエ前)

 

アトリエ周辺の風景

 国道57号線を竹田市(大分県)から阿蘇市へ向かって、波野の道の駅『神楽苑』近くの「笹倉交差点」の左たもとにある白い建物が、自宅兼アトリエになります。

hana・道案内

▲画像左の建物がアトリエ

hana・道案内

▲国道57号線「笹倉交差点」

 

周辺MAP

 

完成したばかりのアトリエ

 国道57号線沿いにある自宅兼アトリエは、白を貴重にした涼やかな外観が印象的。駐車場に看板があるのですぐに分かりますが、車でお越しの方は見逃す可能性もあるので、「笹倉交差点」付近に近づいてきたらスピードを落とすことをおすすめします☆

hana・外観

hana・外観hana・外観

▲手書きの看板 (左) アトリエ入り口まで続く階段のアプローチがワクワク感をいっそう高めてくれます!(右)

 

アトリエ内の風景

hana・アトリエ内風景hana・アトリエイメージ

 ステンドクラスの色合いや雰囲気を引き立てるように配慮された白を基調とした店内には、hana.さんが長年かけて集めたお気に入りのアンティークショーケースに並べられた色鮮やかなステンドグラスの作品や、大きなランプがさりげなく、可愛らしくディスプレイされています。

hana・アトリエ内風景

▲ガラスの模様や色の違いだけでなく、ワイヤーアートやレースを合わせたデザインが『hana.』さんが手がける作品の特徴です。

hana・作品イメージhana・作品イメージ

hana・作品イメージhana・作品イメージ

hana.rスタンドランプhana.・インテリア

hana・作品イメージ

▲小指サイズのステンドグラスチェアー

hana・作品イメージ

▲hana.さんオリジナルのステンドグラスで彩った内窓。白い壁と光とステンドグラスとのコントラストが絶妙に室内の空間を彩っています。

 

アトリエの制作風景☆

 冒頭で触れたように、hana.さんが創る作品は、さまざまな色、模様、柄を持つ現代ガラスからアンティークガラス、さらに手作業で編み上げるオリジナルのワイヤーアートを組み合わせているので、完成した作品は世界に1つだけしか存在しないデザインです。

hana.・素材選び

hana.・制作風景hana.・制作風景

hana.・アトリエ風景

さらに、ワイヤーの色からアクセサリーなど、細かいパーツに至るまで素材にこだわっているので、さりげないオシャレを演出しながら、重厚感をまとった独特のオーラを放っているのが印象的です。

 

ピックアップ作品紹介☆

hana・チャペルランプhana・ステンドグラスランプ

▲チャペルランプ(左)3,900円〜
▲ステンドグラスランプ(右)9,800円〜
 ランプの光の効果がステンドグラスの持つ色合いを最大限に美しく引き出してくれます。特にチャペルランプは、空いているコンセントなどに挿すと、無駄なスペースがぐっと上級なインテリアコーディネート空間に変身しますよ!

hana・ステンドグラスインテリアhana・作品イメージ

▲小さなステンドグラスインテリア 2,000円〜
 小さな置き飾りは、出窓やテレビなどの近くにそっとディスプレイするだけで、部屋の雰囲気が華やかになります。

hana.ステンドグラス雑貨hana.ステンドグラス雑貨

hana.・チャームhana.・チャーム

▲ステンドグラスチャーム 1,900円〜
 窓辺やドアの飾りとして、またバッグやインテリアのチャームとしてなど、何気ない場所に添えてセンスの良さをアピールしてみては!

hana.・一輪挿しhana.ステンドグラス雑貨

▲一輪挿し(左)3,700円〜 花器(右)
 飾る草花の形や色が変わる度に、その都度違う表情を魅せてくれるので、草花を愛でる楽しみがいっそう増しますよ☆

hana.・鏡

hana.・鏡

▲壁掛け鏡(上) 置き鏡 (下)
 色・柄などのガラスとチャーム、ワイヤーアートをデザインした鏡は、どのお店でも手に入らない特別な輝きを放っています。

hana.・ランプシェード

hana.・ランプシェード

▲ランプシェード 8,500円〜
 アトリエの中でひときわ大きく輝いていたランプシェード。レースやガラスを組み合わせる細やかなデザインにうっとりしてしまいます。

 

ステンドグラスアートを体験☆

ステンドグラス制作体験レッスン2,500円〜

hana.・体験風景

▲ステンドグラスアーティスト『hana.』さん(画像左)

 普段から体験レッスンや出張レッスンを行なっているメニューの中から、比較的時間が短く、金額もお手頃な『小物雑貨(約2時間)』の制作を体験しました☆

1.まずは、あらかじめ用意されたパーツを選び、特殊なテープを巻きます。

hana.・体験風景(パーツ選び)hana.・体験風景(パーツ選び)

 ちなみに、素材選びやガラス削りから希望される方は、長時間を要する為、あらかじめご相談下さい。

2.パーツを組み合わせてデザインを決め、ハンダゴテで付けていきます。

hana.・体験風景hana.・体験

 付けあわせた面に塗料を塗って、アンティーク風にしたり、輝くシルバーをそのまま残して明るめの作品に仕上げることも可能。自分の思い描く通りに創ることができるが、ステンドグラスアートの最大の魅力です☆

3.好みのワイヤーや革紐などを通して、ペンダントの完成です♪

hana.・体験

hana.・体験hana.・体験

 パーツを組み合わせるだけでも楽しいのですが、チャームやワイヤーなどを駆使してデザインを施す作業のおもしろさに、思わず時間を忘れて夢中になってしまいますよ☆
 小物の製作体験から本格的なレッスン、さらに出張レッスンも行なっていますので、ご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい☆

インタビュー☆ステンドグラスアーティスト『hana.』さん

「素材に愛情をもって、ひとつひとつ丁寧に手作業で創ることで、完成した作品が華やかに輝く!」と信じ、気負わずコツコツ創り続けます。

hana.・インタビュー

 

Q:いつから制作を始めたのですか?

「最初に制作をしたのは今から8年前です。ステンドグラスアートのレッスンを受け、はじめは趣味程度だったのですが、だんだんとステンドグラスの表現の世界にのめり込んでしまい、いつの間にか本格的に制作するようになっていました」

 

Q:デザインや制作する際に心がけていることは?

「材料は必ず自分が惚れ込んだものを購入します。とても大切な材料なので、ガラスを削ったときにでる小さな欠片まで愛しいですね(笑)。さらに、パーツの制作などのすべての行程を手作業で行います。ただ単にパーツを組み合わせるだけでなく、それぞれのパーツが持つ風合いや素材の特製が折り重なって、独特の光りを放ち、それがステンドグラスアートならではの『華』になるので、作品をみるだけで気持ちが和んだり、ホッとしてもらえるように、小さな細工も妥協すること無く丁寧に作業しています」

hana.・アーティストhana.

 

Q:制作する時に困ることは?

「材料になるガラスの調達がむずかしい事ですね。実際に手にとって材料を確かめられるショップが近くにないので、買い付けに行ったりネットで注文しています」

 

Q:これからの目標はありますか?

「現在は子育て中心の生活なので、無理をせずこつこつ続けていけたらと思っています。ペースが遅いので作品を多く創ることができないのですが、それでも私の作品を楽しみにしていただいている方のためにも妥協は絶対にしたくないので、材料と機材に誠心誠意向き合ってこれからも創り続けたいと思います」

 

お忙しい中、ありがとうございました。

 


pawanavi Since 2001.01.24|Renewal 2012.07.23 Copyright - (C) 2001-2016All Rights Reserved