第67回 全九州総合バスケットボール選手権大会 女子


投稿:2015.12.07

 kyusow22015.11.08034

九州No.1と1月の全日本の出場権をかけた全九州総合バスケットボール選手権大会が11月7日8日の日程で宮崎市総合体育館・宮崎県体育館で行われた。女子は9月の全日本実業団バスケットボール選手権を制した鶴屋百貨店があぶなげない戦いで決勝に進出。熊本県勢同士の決勝となった九州東海大戦でも序盤からリードを広げ102-47 で勝利した。宮崎県勢では日ノ出ホルモンが4位に、中村消防がベスト8という結果に終わった。上位2チームが全日本に出場する。

第67回 全九州総合バスケットボール選手権大会

【日程】平成27年11月7日(土)・8日(日)
【会場】宮崎市総合体育館・宮崎県体育館

第91回天皇杯・第82回皇后杯(オールジャパン2016)

【日程】平成28年1月1日(金・祝)・11日(月・祝)
【会場】国立代々木競技場第1体育館・第2体育館、駒沢体育館、大田区総合体育館
HP:http://alljapan2016.japanbasketball.jp/

1回戦

中村消防煌クラブ(宮崎1位) 71-70 Panthers(大分2位)

日ノ出ホルモン(宮崎2位) 91-79 佐賀清和高校(佐賀1位)

 

2回戦

kyusow12015.11.07002 kyusow12015.11.07003 kyusow12015.11.07006 kyusow12015.11.07015 kyusow12015.11.07018

中村消防煌クラブ(宮崎1位) 60-87 東海大学九州(熊本2位)

大接戦の県予選を制し出場の中村消防だったが、豊富な運動量を誇る東海大九州にプレッシャーをかけられ最後は息切れしたような内容の試合に。新原が加わった初めてのシーズンとなったが残念ながら1回戦での敗退となってしまった。

 

kyusow12015.11.07027 kyusow12015.11.07032 kyusow12015.11.07039 kyusow12015.11.07041 kyusow12015.11.07045

日ノ出ホルモン(宮崎2位) 86-66 ストレッチ(長崎1位)

宿命のライバル、そんなイメージのあったストレッチとの対戦、長崎国体が終わり戦力が少し落ちた感のあるストレッチに対して、新メンバーが加わり、バランスの良いチームになり始めた日ノ出、後半は選手を使い切る余裕をもっての勝利に女子の宮崎県のレベルが上がったのを確信した。

準決勝

kyusow22015.11.08002 kyusow22015.11.08003 kyusow22015.11.08005 kyusow22015.11.08009 kyusow22015.11.08014

日ノ出ホルモン(宮崎2位) 58-116 鶴屋百貨店(熊本1位)

全国の一般のカテゴリーの頂点に立つ鶴屋百貨店、これに対して全九州クラブを制し、全日本クラブでも2位と躍進をみせた日ノ出の対戦だったが、今年も鶴屋の壁は高く大差での敗戦となってしまった。フィジカルとシュートの精度などテクニカルな部分から選手層の違いまで大きな差を感じた。それでも最後まで挑み続けた日ノ出の戦いにもこれからを感じさせる内容となった。

 

決勝

kyusow22015.11.08019 kyusow22015.11.08021 kyusow22015.11.08022 kyusow22015.11.08025 kyusow22015.11.08033

鶴屋百貨店(熊本1位) 102-47 東海大学九州(熊本2位)

やりなれた熊本県勢同士の対戦もやはり鶴屋百貨店の力は抜けていたため大差の試合になった。選手を使いながら、ゆっくりと得点を重ねる鶴屋には九州を代表して全日本でも活躍が期待される。

3位決定戦

kyusow22015.11.08026 kyusow22015.11.08029 kyusow22015.11.08030 kyusow22015.11.08031

日ノ出ホルモン(宮崎2位) 61-85 鹿屋体育大学(鹿児島1位)

結果

kyusow22015.11.08035

優勝 鶴屋百貨店(熊本)
2 位 東海大学九州(熊本)
3 位 鹿屋体育大学(鹿児島)
4 位 日ノ出ホルモン(宮崎)

Copyright (C) 〜2014 パワスポ All Rights Reserved.