月別アーカイブ: 2014年9月

反省、反省の草取り。

0140916-

 今年は引っ越しから、カフェの立ち上げ、青年部活動と、公私ともにバタバタしてしまい、冬を越すための薪づくりもできていないわけでありますが、そのバタバタの余波が一番出たのが、田畑です。

 田植えしあと、2ヶ月ぐらいあとに草取りを5列ぐらいして、そのまま放置してしまいました。で、先日見に行くと、稲が倒れている箇所がありました。

 この田に植えた苗は、銘柄は不詳ですが、高千穂に古くから伝わるもち米種です。稲穂が赤いのが特徴で、今ではとても貴重なものです。知人の農家さんから分けて頂きました。

 一般的にもち米の稲穂は、背丈が高く、倒れやすいと聞いていたのですが、台風後に見回りしたときも大丈夫だったので油断していました。よくよく観察してみると、雑草が影響しているようでした。

 “ひえ”だと思いますが、僕のみぞおちほどまで育った稲より、もっと高く育った“ひえ”が、稲を巻き込んで倒れているようです。

 “ひえ”の生存戦略のようにも見えます。寝技に持ち込んで土に近いところで種子をばらまき、子孫を残して行くのかもしれません。

 遅ればせながら、初秋を感じる夕暮れの中、草取りをしました。反省、反省、また反省です。来年こそは、計画的に“農”に取り組まねばと反省しました。明日は、午前中のうちから、草取り、草刈り、やらねばと思います。