カテゴリー別アーカイブ: 子どもたち

水遊び

20130819-5

今日はプールをだして水遊び。昨年購入したプールですが、昨年は仕事の忙しさを理由に、出番なし。今日、初登場のプールです。僕も日々の忙しさをしばし忘れて、息子と一緒に遊びました。

親の忙しさとは関係なく、子どもたちはどんどん成長します。子どもたちにとっても、今の時期には、今の時期に学ぶことがあるでしょうから、色んなことを学べる機会をつくってあげたいと思います。

それにしても“忙しい”って大変ですね。次から次と、仕事や役目、家族のことなどが押し寄せてきて、まるで時代劇で見るような戦場での斬り合いでもしている気分です。その場、その場で反射的な思考で対応していきます。とても、じっくり考え、長期展望を広げていくようなことではありません。

今はそういう“時期”だと思って、目の前のことに集中して対応しておりますが、脇道ににそれていかないように注意しないといけませんね。“忙しい”に流されて、何がなんだか分からないところまできてしまった、なんてことにはならないように努めなければなりません。心の真ん中のバランスを、しっかり保つことが大事なんでしょう。心の真ん中のバランスが保てれば、多少忙しくても間違った道には行かないように思います。

僕なんかは”忙しい”の初心者ですが、“忙しい”の先輩方は、どうバランスを保っているのか、訊ねてみたいところではありますね。

あっ、でも、理想は忙しくないほうがよいです。毎日の暮らしを”忙しい”ではなく、“充実”と感じるような、そんな確かな暮らしがよいですね。

 

川まで30分

0250812-1

ことしは高千穂も暑い、暑い。夜間も暑いのは、珍しいことです。ということで涼を求めてエスケープ。海まで1時間、川まで30分。ということで、今回は手っ取り早く川を選択。高千穂町内の岩戸川に遊びに行きました。幼児でも遊べる浅瀬があり、堤もあるので安心です。私たち以外にも家族連れが何組かいました。

都市の暮らしも楽しいと思いますが、自然が身近にあり、人が集中しない分、余裕を持って遊べるのが田舎の特権。心身ともに、自然へのアクセスのしやすさが良いですね。

怖がりの息子も、この日は調子よく水の中へ入りました。海に連れて行ったときには、砂が怖い、波が怖いで全然だめだったのですが、ちょっとづつたくましくなっているようです。

0250812-2

下の娘は、わりかしたくましい。気がつくと、団扇がびりびりに破かれておりました。もう、ものの取り合いの兄弟喧嘩も始まっています。最近の暑さは、団扇のせいではないと思いますが・・・。

足がすくむ

0250809-2

2歳と5ヶ月になる息子です、ずいぶん大きくなりましたが、いかんせん怖がり。

母の実家のそばにある神社に参拝後、調子良く遊んでいたのですが、階段の上に小さなアリの行列を見つけ、大泣きを始めました。あと一段登ればよいのですが、足がすくんで前にも、後ろにも動きません。結局私が救済の抱っこをしました。

ちなみに息子は怖いものを見つけると、まず身震いします。この前は、居酒屋の水槽の魚に身震いしてました。人間って、本当に身震いするんだな〜って勉強になりました。

怖かったら、とりあえず挨拶!そう教えると、魚にこんにちは!してました。それでだいぶ怖さを克服できたみたいです。帰りも、水槽のそばに寄っていき、こんにちは!さようなら!してました。