nicoドーナッツ・湯布院本店

[cft format=0]

「油を吸収しにくい」特許製法でつくられた大豆ペーストを使用!ヘルシーでお洒落!ひとつひとつがデザインされた「大豆まるごと」自然派ドーナツ☆

nicoドーナッツ湯布院本店・店内

 草花は輝きを増し春光うららかな季節となりました。暖かな陽気にさそわれ、ついつい遠出がしたくなる今日このごろです。そこで今回のレポートでは、全国の人気温泉観光地の中でも、特に女性達に人気が高い「湯布院」より、磨きぬかれた味と洗練されたデザインセンスに定評がある『nicoドーナツ・湯布院本店』をご紹介いたします。

nicoドーナッツ湯布院本店・おすすめドーナツnicoドーナッツ湯布院本店・プレーン

「子どもの頃からこよなく愛したドーナツを、自分が想い描く理想型に近づけるために研究を重ね、試行錯誤の結果生まれたのがこのnicoドーナツなんです」と語るオーナーのタカクラミキさん。当初は自宅を兼ねたフラワーショップの一角にカフェスペース(ドーナツコーナー)を設けて、コツコツと作り続けていたそうですが、徐々にその美味しさが口込みで県内外に広がり、現在、その味は湯布院(湯布院本店)だけでなく、大分市(大分店)をはじめ、東京都内(麻布十番店、広尾店)でも楽しむことができるようになりました。
 試行錯誤を繰り返し「試作品」を山のようにつくり、ようやくできあがった、いわば「作品」とも呼べる、オーナーのこだわりが凝縮された自慢の『nicoドーナツ』。特許製法でつくられた大豆ペーストを主原料とし、小麦粉は九州産の小麦粉に栄養価の高い全粒粉を配合したものを使用。そして16種類の国産雑穀を配合したオリジナルパウダーをはじめ、保存料・着色料などの添加物を使っていないことからヘルシーで安心!しかも「油を吸収しにくい」大豆ペースト効果により、一般的なドーナツより、カロリーが60パーセントも抑えられている上に、油量が少ないから酸化もしにくく、美味しい状態が続くという優れものでもあるんです☆
 それではここから先は『nicoドーナツ』の美味しさの秘密をはじめ、カフェメニューやドーナツのラインナップ、そして店舗の魅力などを、オーナーのインタビューを交えご紹介していきます。
(レポート:中本望美)

nicoドーナツ・湯布院本店

住所:大分県由布市湯布院町川上3056-13
電話:0977-84-2419
営業時間:10:00~17:00
定休日:年末年始
駐車場:店舗ヨコにあり
URL:http://www.nico-shop.jp/

 

店舗までの道案内

 車でお越しの方

nicoドーナッツ湯布院本店・道案内nicoドーナッツ湯布院本店・道案内

▲「湯布院IC」をおりて直進します(左) 由布院駅方面へ右折(右)

nicoドーナッツ湯布院本店・道案内nicoドーナッツ湯布院本店・道案内

▲この看板が目印(左) 突き当たりを左折するとすぐ左手に店舗が見えます(右) ちなみに右折すると由布院駅です

由布院駅からお越しの方

nicoドーナッツ湯布院本店・道案内nicoドーナッツ湯布院本店・道案内

▲由布院駅前(左) 由布院駅を背中にして、ショップが建ち並ぶ「由布見通り」を約200メートル(徒歩3分)ほどまっすぐ進みます(右)

nicoドーナッツ・店舗前

nicoドーナッツ湯布院本店・店舗外観

 しばらくすると左手に、アイボリーの壁に 「nico」と書かれた、お花屋さんが併設された、かわいらしい店舗が現れます。

nicoドーナッツ湯布院本店・店舗前nicoドーナッツ湯布院本店・外観

nicoドーナッツ湯布院本店・店舗入口nicoドーナッツ湯布院本店・隣接されたフラワーショップ『TAKAKURA』入り口

 

nicoドーナッツ・湯布院本店〜周辺マップ

 

ナチュラルカントリー風の色合いが印象的!

nicoドーナッツ湯布院本店・店内nicoドーナッツ湯布院本店・店内

nicoドーナッツ湯布院本店・店内nicoドーナッツ湯布院本店・店内

 ナチュラルカントリー風の色合いが印象的なお店に入ると、半円形の重厚感のあるショーケースが目に飛び込んできます。その横には気軽に食事を楽しめるカウンターが……。

nicoドーナッツ湯布院本店・店内nicoドーナッツ湯布院本店・

nicoドーナッツ湯布院本店・店内nicoドーナッツ湯布院本店・店内

 ショーケースの横に伸びるカウンター席の他に、2階にもテーブルセットが置かれたカフェスペースがあります!2階へは、履物を脱いで上がるので、リラックスしてカフェタイムを満喫する事ができます。また、清潔にお部屋を保っているので、小さなお子様も赤ちゃんも、ハイハイしたり、ゴロンと寝転んだり、まるで自分のおうちのように過ごすことができますよ!子ども達に人気の絵本や、かわいらしい雑貨インテリアもこのお部屋の見どころのひとつです。さらに、併設してあるお花屋さんのワークショップや習い事スペースも完備されています。

nicoドーナッツ湯布院本店・店内イメージnicoドーナッツ湯布院本店・店内イメージ

 所々に清潔感のあるお花や、店内の端々にオーナー自身がそろえた雑貨、そしてがドーナツの基本となっている「大豆」がディスプレイされています。

nicoドーナッツ湯布院本店・店内イメージnicoドーナッツ湯布院本店・店内イメージ

nicoドーナッツ湯布院本店・店内イメージnicoドーナッツ湯布院本店・店内イメージ

 壁や床の材質といったインテリアから、お持ち帰り用の箱や袋にいたるまで、ありとあらゆる部分にオーナーのこだわりが感じられます。

nicoドーナッツ湯布院本店・パッケージnicoドーナッツ湯布院本店・ボード

 また、店舗横に併設さらたフラワーショップ『TAKAKURA』も、厳選されたお花とオシャレな雑貨が溢れていますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

nicoドーナッツ湯布院本店・店舗横に併設さらたフラワーショップ『TAKAKURA』nicoドーナッツ湯布院本店・店舗横に併設さらたフラワーショップ『TAKAKURA』

nicoドーナッツ湯布院本店・店舗横に併設さらたフラワーショップ『TAKAKURA』nicoドーナッツ湯布院本店・店舗横に併設さらたフラワーショップ『TAKAKURA』

▲雑貨やメッセージカード、リボンなどもかわいい!

 

「大豆まるごと」のnicoドーナツの秘密

大豆や雑穀、「体にいいもの」で出来ている

『nicoドーナツ』の基本となる素材は、特許製法でつくられる「大豆ペースト」。大豆を他の素材と混ぜてペースト状にしたものではなく、こちらは表皮や胚芽軸にいたるまで、大豆の持つタンパク質や食物繊維、イソフラボンなどの機能性成分を逃す事無く使用された「大豆そのまま」のペーストなんです。
 しかも、大豆の食物繊維にはコレステロールの抑止効果も期待され、大豆の細胞をつぶさない特殊製法で作られているので、大豆特有の臭みもないのが特徴です。

nicoドーナッツ湯布院本店・大豆nicoドーナッツ湯布院本店・大豆成分

 大豆の持っている栄養価を取り入れるだけでなく、大豆には「油を吸収しにくい」という特徴があり、一般的なドーナツよりも「油分が60%以上もカットされている」ので、カロリーが気になる方にもおススメなんです☆
 生地は「大豆ペースト」を中心に、16雑穀パウダー、九州産の全粒粉、栄養価の高い三温糖をブレンドしてつくり、一晩寝かせて素材同士をなじませることで、キメの細やかさに加え、弾力のあるモチモチ感と、上品なシットリ感を併せ持つ、『nicoドーナツ』ならではの「新食感」を生み出しました。
 また『nicoドーナツ』にぴったりのトッピングを作るために、チョコレートやきな粉、ごま、砂糖など素材全ての風味や食感を吟味し、日本に限らず世界にも目を向けて仕入れをしつつ、外見もただ丸い形にドーナツを揚げるのではなく、チョコを付ける場所やトッピングの場所にもこだわり、ひとつひとつが「デザインされている」ので、ショーケースに並んだドーナツを見ているだけで、まるでお洒落な雑貨を見ているようなワクワク感すら感じてしまいます。

nicoドーナッツ湯布院本店・大豆ドーナツ4種

 また、保存料や添加物を一切使用していないので安心してその味を楽しむ事が出来ます。

nicoドーナッツ湯布院本店・焼きゴテnicoドーナッツ湯布院本店・焼きゴテ

▲大阪の職人さんにつくってもらったという焼きゴテ。ずっしりとした手応えのある重さ……「見た目よりもずっと重たいんですよ」とオーナーのタカクラミキさん!焼き印をつけてドーナツが完成は完成します。

 

見た目も楽しめるデザインされたドーナツ☆

プレーン 150円

nicoドーナッツ湯布院本店・プレーン

▲噛めば噛むほど、ほんのりとした甘さが口の中に広がります。nicoドーナツの基本の味である「キメの細やかさ」と「シットリもちもち食感」を楽しむには、やはりプレーンが一番!おやつだけでなく朝食や軽食にもぴったり☆バターやジャム、オリーブオイル等々、お好みでディップするのも楽しいかもしれませんよ!

 

さくら 230円(期間限定)

nicoドーナッツ湯布院本店・さくら

▲グリーンのチョコと桜の塩漬けがトッピングされた春の季節限定の商品。このグリーンは抹茶ではなく、「桜の葉」をパウダー状にしたもの!香りも味も、さくらそのもので、まるで「桜餅」のような和風ドーナツです。

 

ハニーレモン 180円

nicoドーナッツ湯布院本店・ハニーレモン

▲国産レモンの果汁と皮を「はちみつ」と混ぜ合わせた蜜がトッピングされています。揚げもの特有の風味は全く感じられず、あっさりとした味わいが印象的。また、湯布院特産の「かぼす」が収穫される時期は、その果汁を使った「はちみつかぼす」がショーケースに並ぶそうで、こちらも大人気なのだそうです。

 

ごまミルク 160円

nicoドーナッツ湯布院本店・ごまミルク

▲胡麻とスキムミルクを絶妙に混ぜ合わせカルシウムたっぷりのメニューに!キメの細かいドーナツの表面にうまくまぶす事が出来るよう、トッピングに使う砂糖も、和三盆(四国地方特産の砂糖)を使用しているのだそう。

 

シナモン 160円

nicoドーナッツ湯布院本店・シナモン

▲ショーケースから出されただけでシナモンの香りが店内に広がるほどの存在感。そのままの味だけでなく、紅茶と合わせて洋風に、日本茶と合わせて和風に、気分に合わせて食べ方を変えてみるのも楽しそうです。

 

メイプルナッツ 180円

nicoドーナッツ湯布院本店・メイプルナッツ

▲しっかりした甘さのメイプルシュガーの上に、軽く炒って香りを引き出したナッツの組み合わせ。男性にも人気!

 

チョコレート 200円

nicoドーナッツ湯布院本店・チョコレート

▲しっとりしたスペイン産の口溶けのよいチョコレートを使っているので、チョコが固まっても、モチモチした食感を損なわせることなく、ドーナツによく絡んでいます。このお店ならではの上品なチョコドーナツを味わえますよ!

 

いちごミルク 200円

nicoドーナッツ湯布院本店・いちごミルク

▲いちご100%!ほのかなピンク色は着色料無しの素材の色。果肉のつぶつぶがかわいらしく、やさしい甘酸っぱさが特徴です。

 

きなこミルク 160円

nicoドーナッツ湯布院本店・きなこミルク

▲添加物をつかっていない国産のきなこを使用。きなこの香りが強く、きな粉餅のような和菓子を食べているような気分で、食べごたえもあります。

 

ココアミルク 160円

nicoドーナッツ湯布院本店・ココアミルク

▲純ココアとスキムミルクを絶妙にブレンドした人気商品。ほろ苦でありながら、ドーナツの甘さが際立つ後味に、大人だけでなく子ども達にも大人気だそうです☆

 

ドーナツ10個セット 1,650円

nicoドーナッツ湯布院本店・ドーナツ10個セット

▲お持ち帰りに最適。10種類のドーナツが一緒に楽しめるお得なセット。

 

カフェメニュー紹介

おやつセット 750円

nicoドーナッツ湯布院本店・おやつセットnicoドーナッツ湯布院本店・おやつセット

▲好みのドーナツ、シフォンケーキ、雑穀アイス、ドリンクがセットになった、nicoのおいしさを全て満喫できるメニュー。(コーヒーオレ・ココアミルクは+50円)

 

ドーナツ

nicoドーナッツ湯布院本店・ドーナツセット

▲ドーナツ1個セットは450円、2個セットは600円。ここではメイプルナッツをチョイス。ナッツのある部分は、メイプルシュガーの甘さも加わり、プレーンの部分の味と二つの味が楽しめるドーナツです。

 

シフォンケーキ

nicoドーナッツ湯布院本店・シフォンケーキ

▲シフォンケーキのみのセットは500円。ドーナツと同じく、大豆ペーストと雑穀パウダーが入っており、シフォンケーキの中ではピカ一と呼べる、なめらかさと弾力感が特徴です。

 

雑穀アイス

nicoドーナッツ湯布院本店・雑穀アイス

▲湯布院のバニラアイスに雑穀をまぜあわせたオリジナルアイス。名前の印象以上に濃厚でクリーミーな味わい。サクサクした雑穀が口休めのようなアクセントになっていて、クリームと絡めて食べると、また別なスイーツを食べたかのようなお得感を楽しめます。

 

インカコーヒー(販売用は1つ898円)

nicoドーナッツ湯布院本店・インカコーヒー

▲ライ麦、大麦を焙煎し、香り豊かでコーヒー豆を使ったコーヒーとは違って、まろやかな風味の穀物飲料。添加物や防腐剤などの化学物質は使われていないだけでなく、ノンカフェインなので、妊婦さん、子どもさんはもとより、寝る前でも安心して飲む事ができます。

 

雑穀パフェ 500円

nicoドーナッツ湯布院本店・雑穀パフェnicoドーナッツ湯布院本店・雑穀パフェ

▲濃厚な湯布院のバニラアイスと、オリジナルの雑穀アイスに、インカコーヒーで作ったコーヒーゼリーとバナナがたっぷりトッピングされた、体にいいものばかりの安心素材をつかった豪華なパフェ。中には、玄米のパフが入っており、バニラアイスと絡めると意外にもマッチした組み合わせです。

 

その他のお持ち帰り可能商品

ドーナツラスク 300円

nicoドーナッツ湯布院本店・ドーナツラスク

▲ドーナツをスライスしてオーブンでじっくり焼き上げたラスク。かりかりとした食感と噛めば噛むほど広がる素朴な甘さが特徴です。日持ちもするのでお土産にも最適です♪

 

ドーナツクランチ 250円

nicoドーナッツ湯布院本店・ドーナツクランチnicoドーナッツ湯布院本店・ドーナツクランチ

▲ドーナツをコロコロにカットして、オリーブオイル、バジル、チーズ、塩で味付けしたスナック。ビールやワイン、お酒にもぴったり!

 

リンゴジュース 300円

nicoドーナッツ湯布院本店・リンゴジュースnicoドーナッツ湯布院本店・リンゴジュース

▲オシャレな瓶に詰められた生絞り無添加の100%ジュース。空き瓶は一輪挿しに使っても可愛いですよ♪

 

nico オリジナルグッズ

エプロン(ギャルソンタイプ) 4,950円

nicoドーナッツ湯布院本店・エプロン(ギャルソンタイプ)nicoドーナッツ湯布院本店・エプロン(ギャルソンタイプ)

▲食材の色合いを邪魔しない生成りのしっかりした生地でできたオリジナル。動きやすいように両脇にスリットが入っており、留める紐は異素材で少し太め。しっかりと固定できる上に、長さもオシャレです!

 

ドーナツペンダント ・ドーナツブローチ

nicoドーナッツ湯布院本店・ドーナツペンダント ・ドーナツブローチ

▲並べるとすぐに完売してしまう人気商品で、現在は作成が追いつかず、店頭には置いていないとの事。完成しだい、お店に登場予定だそうです。

 

インタビュー〜オーナー・タカクラミキさん

 nicoドーナッツ湯布院本店・オーナー・タカクラミキさん

Q:数あるスイーツの中で、なぜドーナツだったのですか。

「小さい頃からお菓子作りが得意で、スイーツを作っていたのですが、中でもドーナツ作りが大好きだったので、いつの日か、こだわりぬいたオリジナルのドーナツが作りたいと思っていました。実は某有名ドーナッツ店で数年働いた事もあったんですよ」

Q:お店のオープンは?

「出産をきっかけに、以前に増して健康を気にかけるようになり、多くの人に美味しくて健康的なドーナツを提供したいとの思いからお店をはじめました。もともと実家のフラワーショップの一角にカフェスペース(ドーナツコーナー)を設け、のんびりお客様に提供させて頂いていたのですが、口込みで徐々に広がり、2011年7月に独立した店舗をオープンしました。その後、nicoドーナツを強力に応援してくれる仲間との出会いなどもあり、現在では大分市内、さらに東京は麻布十番と広尾でもnicoドーナツを楽しむことができるようになりました」

nicoドーナッツ湯布院本店・オーナー・タカクラミキさん

Q:nicoの代名詞でもある「大豆ペースト」を使うアイディアはどこから?

「ドーナツといっても、極甘だったり、デコレーションだったり、食事系だったり、たくさんの種類がありますよね!でも、自分が理想とする健康や品質などの条件をクリアして、なおかつ美味しいと感じられるような素材をずっと探していたんです。もちろん大豆というキーワードはすぐに思いつくのでしょうが、実際に品質を細かく分析していくと、自分が想い描く内容を実現するにはちょっと無理があって……。自分で食べるだけならいいのですが、あくまでも商品化していかなければならないので、いろいろとクリアしなければならない問題が多いんです。そんなあるとき、インターネットで『細胞を壊さず大豆まるごとを使った大豆ペースト』という記事を目にし、”これだ”と思って、早速開発者の方にアポイントをとり、直接お会いして話しを伺ったのが始まりでした」

Q:大豆ペーストを手に入れ、すぐに理想のドーナツはできましたか?

「それが、まったくできませんでした(笑)。大豆ペーストの良さは自分がよく知っているので、その良さを最大限発揮でき、さらに自分が理想とする食感を実現させるために、薄力粉・全粒粉などのいろんな粉素材、糖類を取り寄せては、配合を変えて作る、違ったら配合を変えて、また作る……。その繰り返しでした。気がつけば山のような試作品を作っていました」

Q:nicoドーナツを完成させるまで、何が一番むずかしかったですか?

「ひとことで言うとバランスですね。粉の配合だけでなく、自分の理想の素材を使う事で、逆に理想とする美味しさとはかけ離れたものになってしまったり、美味しさを追求する事で『健康・安心・安全』から離れてしまったり……。とにかく自分の中で、納得がいくまで闘い続けました」

Q:基本の素材だけでなく、トッピングに関してもオーナーのこだわりを感じますが、ドーナツを作る上でのこだわりを教えて下さい。

「それは『絶対に妥協しない』ということです。nicoドーナツを完成させるまでの道のりと同じで、トッピングはそのドーナツを引き立てる素材、マッチする素材に出会うために、たくさんの種類を取り寄せて試作品を作りました。もちろんすべて安心・安全なものばかりです。トッピングだけでなく、揚げ油も、自然油を独自にブレンドしたものを使用していますし、さらにドーナツのデザインにも凝りました。nicoの焼き印をはじめ、たとえば、チョコレートは円の上半分に、さくらは円の縦半分というように、トッピングする位置をその素材のイメージに合わせて変えています。バレンタインやクリスマスなど、年間のイベントシーズンには、その雰囲気にあった限定ドーナツも登場しますよ。また、ショップカードや包装紙、店内のポップや商品紹介カードなど全てに置いて見た目のデザインもこだわりました」

nicoドーナッツ湯布院本店・オーナー・タカクラミキさん

Q:インテリアや雑貨もオシャレなものが多いですが、オーナーが選んだのですか?

「はい!もともと雑貨が好きで、福岡で雑貨ショップに6年余り勤めていたんです。その後、湯布院に戻り、2年ほど自分で雑貨ショップを経営していました。そのつながりで、雑貨店やインテリアショップ、それを作る職人さんたちとのつながりが広がっていきました」

Q:ちなみにドーナツのネット販売は発送は可能ですか?

「希望が多かったこともあり、実は以前ちょっとだけネット販売をした期間があるんです……。しかし、ドーナツは揚げてすぐの鮮度が命なので、発送してお客様の手元に届くまでの時間のロスにより、自分が思い描くような状態では届いていないということと、実際にどのような状況で手渡されているのかも管理出来ないこともあり、そんな理由から現在はネット販売は行っておりません。やはり、お客様には自分がいちばんいいと考える状態で食べて頂きたいのです」

Q:湯布院本店の他にも大分店、東京の麻布十番店、広尾店がありますが、チェーン店なのですか?また、今後全国展開はされる予定ですか?

「湯布院本店以外の店舗は私が直接管理している店舗ではなく、それぞれ私が信頼しているオーナーさんにおまかせしている独立店舗です。もちろん基本はおなじnicoドーナツを販売しています。ドーナツは、一般的に考えられている以上にとても繊細な管理・調理が必要です。地域によって水や素材が変わるだけで味が変わります。高温多湿の時期には油のブレンドの調整から、揚げ温度、時間もち密に変えなければ、変わらない味を表現することはできません。私自身も、毎日の営業の中でデータを取っていますが、まだまだ足りません。単にデータでお伝え出来ない部分が多いのです。ですから私と同じような食に対する熱意のある方でないと、私の情熱とnicoドーナツの良さは理解して頂けないと思うのです。お店を出したいという要望があれば、その方と真剣に話し合って、『この人なら任せても良い』という信頼が生まれた時点で考えていきたいと思っています。そんなことからチェーン化のような事は考えておりません」

nicoドーナッツ湯布院本店・オーナー・タカクラミキさん(左)

Q:今後の目標があれば教えて下さい。

「お店の名前の通り、少しでも多くの方に、nicoドーナツを食べて、心と体が”にこっ”と幸せになってほしいとの願いを込めて日々ドーナツをつくっています。今後、nicoドーナツを通じ、様々な方々と出会い、同じような価値観を持つ方々とショップを展開し、『うちはこんなnicoドーッツを作ったよ』とか『こんなすごいドーナツができた』など、自分たちのnicoドーナツの自慢がし合えるようになれたら素敵だなと思っています」

ありがとうございました。

 

関連店舗紹介

nicoドーナツ・大分店

住所:大分県大分市府内町1-6-2 あしかりビル1F
電話:097-536-4530
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜日

 

nicoドーナツ・麻布十番店

住所:東京都港区麻布十番1-7-9
電話:03-4514-2525
営業時間:9:00~17:00
(売り切れ次第閉店)
URL:http://nico-donut.jp/

 

nicoドーナツ・広尾店

住所:東京渋谷区広尾5-14-4
電話:03-5447-0025
営業時間:8:00~20:00
(売り切れ次第閉店)
URL:http://nico-donut.jp/

 

コメントは受け付けていません。